親友の継母

中学生の時に親友のお母さんが亡くなりました。
身体が弱いとは聞いてはいましたが…まさか亡くなるなんて思っていませんでしたから本当にびっくりしました。
彼女は一人っ子でお母さんの愛情を一身に受けていましたから亡くなった当初は悲しみにうちひしがれていて、子供だった私はかける言葉も見つからずどうしてよいのかわかりませんでした。
お母さんが亡くなるまではしょっちゅう遊びに行っていた彼女の家にもしばらくは行かない日々が続きました。
しかし、徐々に彼女も元気を取り戻し、随分元気になってきました。
そ んなある日、彼女は「新しいお母さんが来るんだ…。絶対に仲良く出来ない。」と話し出しました。出張が多く、家にいない事が多いお父さんが娘の彼女のため にお母さんがいた方が良いだろうと判断し結婚(再婚)したようです。新たな生活がスタートしましたが、彼女は新しいお母さん(継母)の事が嫌いでしょうが なかったようです。本当のお母さんが亡くなって半年も経っていなかったし、どうやら最初から受け入れる気持ちはなかったようです。ですが、新しいお母さん は本当に良い方でした。美人で優しく物静かで行くと笑顔で「いらっしゃい。後でおやつ持って行くね!」と中学生だった私達にも優しく接してくれましたが… 親友はいつも継母にひどい態度をとり「あっち行ってー来ないで!」といつも辛くあたり、その都度私は自分まで心が苦しくなり継母の方が可哀想に思いまし た。
それから1年くらい経った頃だったでしょうか…。記憶ははっきりしませんが結局、継母と親友のお父さんの結婚生活は終わりました。夫婦の仲が 壊れてなのか…親友との関係が原因なのかはわかりませんが、今、この年になって私があの継母の年になった時に決死の覚悟で結婚したとしたら、たった1年で 結婚生活が終わってしまったらどんなに切ないことだろうか…あのおばさん(継母)は…その後どんな人生を送ったのだろうかと時々思い出します。